X豚革のデメリット3選!


 

 

結論からお話させていただくと牛革と豚革を比較した場合、豚革のデメリットは下記の3つになります。

 

1.キズが多い

2.サイズが小さい

3.薄い

 

 

1.キズが多い

「豚革はキズが多い」豚革が牛革ほど使われない1番の理由はこれです。飼育環境の違いによるものが大きいと思われます。これは例えですが、6畳一間の部屋で牛は1頭で飼育され、豚は20匹ぐらいで飼育されているイメージでしようか。狭い6畳に20匹もいれば、日常的に体もぶつかり合い傷も増えていきます。

 

2.サイズが小さい

少し専門的になりますが、革はds(デシ)という面積にて計算されます。10cm x 10cm = 1ds です。だいたい一般的に牛革は250〜260ds、大きいモノでは300dsを超える牛革もあります。一方豚革は、120〜130dsぐらいです。牛革と比較すると半分ぐらいの大きさになります。そしてキズが多いので実際に商品に使える部分はdsの割には少なくなります。

 

3.薄い

豚革は牛革と比較をすると薄い革で厚みがありません。靴の中とか、ブーツの中とか靴のライニングなどには薄くて本当に適していますが、バッグとなるとこの薄さがネックになったりします。芯を張るなり、革と革を張り合わせるなど何か工夫を加えて、バッグとしてのフォルムを作り出します。

 

以上が、豚革デメリット3選になります。

 

 

それら豚革のメリットとデメリットを踏まえて、LIGHT OF MY LIFE用の豚革を私たちOTL/MIND SHIFT(アトル/マインドシフト)は新規で作りました。その辺りの話は、またどこかで深掘りしてお話します。